大久保クリニック
CONTENTS
ご挨拶
診療案内
ご案内
院長プロフィール
院内設備
院長Q&A
トップに戻る
川崎市高津区野川3949
久末メディカルヴィレッジA棟2F
044-754-7760
電子内視鏡のよる胃の検査
胃内視鏡を行った方が良い患者さん

みぞおちの痛みや、はった感じ、胸焼けやげっぷ、飲み込み時の違和感や引っかかり感が慢性的に続く

食欲がなく、体重減少がみられる

採血で貧血といわれ、徐々に進行している

バリウムによる胃の検査、採血によるペプシノーゲン検査で、精密検査が必要といわれた

胃内視鏡が不安な患者さん
内視鏡時の不安は、喉を通るときに起こる反射(咽頭反射)です。この反射は誰にもあり、食べたものが気管や肺に間違って入っていくのを防いでいます。しかし喉の敏感な人、喫煙者は反射が強く、内視鏡挿入時の苦痛となります。これに対しは鎮静剤の注射と内視鏡医の丁寧な挿入技術でかなり楽な検査がおこなえます。
胃内視鏡を希望される患者さん
胃内視鏡を希望される患者さんは来院していただき、そこで予約をします。また忙しい患者さんは電話での予約も受けております。
検査当日は予約時間に間に合うよう来院してください。食事は検査前日の夕食までは摂取してかまいません。
いざ、内視鏡を始めるにあたって、喉のゼリー状の麻酔と鎮静剤の注射を行った後に内視鏡を挿入します。検査時間は約5分で終了後は回復室で30分間休んでいただきます。
胃内視鏡を終えられた患者さん
内視鏡終了後1時間で飲食は可能です。また検査時の鎮静剤の影響でふらつきが残っている患者さんは検査当日は車の運転を控えてください。
料金は再診3割負担患者さんで4,000円前後、病理検査を追加した場合は8,000円前後、ポリープ、腫瘍を切除した場合は16,000円前後になります。
再診1割負担患者さんでは、およそ上記料金の1/3前後です。

〔内視鏡検査案内〕〔電子内視鏡による胃の検査〕〔電子内視鏡による大腸の検査〕
© 2004-2008 Okubo Clinic
大久保クリニック